2018.04.13

こんばんは。

誰に向けてでもない挨拶です。

相も変わらず憂鬱で何も手がつかないのと、ひとと関わってないのと、そんな感じなので文章が自分のことしか書けない。

今日は約3ヶ月ぶりに学校へ行きました。
特に誰とも話しはしませんでしたが、授業はなんとか受けれました。

今日は朝、気が狂いそうなくらい「起き上がりたくない」という気持ちが、早朝の3時くらいからぶわっ、と出てしまい、それから1時間半ごとに目が覚めてしまいました。

段々朝に近づいて、日が昇りカーテンから光が差し込み始めると、動悸が止まらなくなってしまい、涙は出ませんでしたが泣きそうになってしまいました。

最近はお酒を常に飲んで、家にいるときは暴食して嘔吐することが増えました。
自分でもこのままだと苦しいだけ、と気付いているのですが、お酒が入っていない状態で、どう生きていいのかが分からなくなっています。

生きる、というのは動いて、ご飯を食べて、寝る。 私は生きることが余りにも下手くそ過ぎるまま、22年間生き延びてしまいました。


本当は、漫画を読んだり、何かを観て笑ったり、自分の体で生きることを感じたいのです。 私は、果たして、今本当にここに居るのか分からなくなります。その存在の証明が、私はお酒でしか今は出来ないのだとはっきり自分でも認めています。


華倫変先生のカリクラが、手元に唯一ある華倫変作品なので、今は何度も読み返しています。

ネットで少しあらすじを読んだ、酒とバラの日々、がめちゃめちゃ読みたいです。。

作品の女の子に、自分を投影しようとしている、私自身の誇大妄想が笑えてくるのと、惨めになります。


いま幸せなことは、

ボディーソープがすごくいい匂い。
お風呂から上がると幸せな気持ちになる。

おばあちゃんちに助けられている。
絶対にそこでは、怒られないから逃げてしまうのだけれど、いまの私にとって、唯一の避難場所だと思う。


明日が土曜日なこと。今日と明日は、多分夢を見るだろうな。


でも、寝てしまうと、どうしても朝がきてしまう。ずっと夜だったらいいのにと、何度も何度も布団の中で願ってしまう。

私には寝ることしかできないな。

漠然とした寂しさがずっと付きまとってて、きっとそう簡単に剥がれてくれないんだろうな。

死ぬまでこんな感情を持ち続けるのかと思うと、本当に早く楽になりたい。